読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。窓際の席から緑を眺めて気力を維持しています。

ナタラジャさんのランチバイキングと薔薇のラッシー。

ランチ スパイス

はじめてのナタラジャさん。

f:id:pacachan:20170318164007j:image

 大堀幹線沿いにある、「ナタラジャ」さん。ナタラジャさんのカレーはよく情報誌に載っていたし、歴史もあるし、ずーっと気になっていた。それなのに、行ったことがなかった。なんでだろう?駐車場がすごくとめにくそうで、いつもいっぱいだったから?いや、入りづらかったからという理由が一番かもしれない。

 

 

けれど、今日はじめて訪問してみて、長い間人気な理由がわかった。

外からの見た目より、中の世界の方がよっぽど素敵だった。

偶然にも月に一度のランチバイキングデー。

 f:id:pacachan:20170318162645p:image

 風邪から復活して、久しぶりの外食。

どこに行こうか悩んでいた時思いついたのがナタラジャさん。

さっそくお店のブログをみてみると、なんと、今日はランチバイキングをやっているじゃあありませんか!これはもう行くしかない。

しかも、「春は体調を崩しやすい季節、カレーのスパイスは漢方薬、ぜひたくさん食べてください」なんて優しい言葉がつづられていた。

 

お店の雰囲気。

 訪問したのは土曜日の12時頃。予想通りたくさんのひとがいた。

けれど、そんなことより一歩お店に足を踏み入れたら想像よりずっと素敵でびっくり。

殺風景な食堂風の店内でインドの方が黙々と本格カレーをつくる」というイメージだったのが見事覆された。

f:id:pacachan:20170318162700j:image

 店内には素敵なインテリアがいっぱい。レジ前にはパッケージがおしゃれなスパイスがたくさん並んでいた。照明も適度に暗く、こげ茶のテーブルも落ち着く。そして店員さんがとっても親切。 

 サラダもカレーもライスもナンもすきなだけ。

はじめにサービスのワンドリンクだけオーダーした後、ランチバイキングの説明を受ける。サラダとカレー(3種類ある)とナンを好きなだけよそいます。

目の前でナンをパン!と大きな音を立てながら、叩いたり伸ばしている様子をみることができてうれしい。

f:id:pacachan:20170318162823j:image

 激辛のものは苦手だけど、今日のカレーはそこまで辛くなかった。

特に豆のカレーがまろやかでおいしかったな。

強いていうなら、手前に写ってるオレンジ色の「大根のつけもの」みたいなやつが一番辛かった。

野菜は自家栽培のものだそうで、身体にもやさしい。

ナンはごまとチーズ風味でこれまた美味。

おかわり自由でこのクオリティはうれしすぎる。

サラサラ食べられるライス。

f:id:pacachan:20170318162634j:image

 食べすすめていくと、お店の方が「ライスもパラパラでおいしいよ!」というのでもう一度列に並んでよそってきた。よそうときから思ったけどほんとにパラッパラ。水分どこいった!?って感じ。見た目はただの白米なのにはじめて食べるライス。

ふわっとしていて軽く食べられちゃう。

薔薇のラッシー。

f:id:pacachan:20170318162627j:image

ラッシーがすき。

というかヨーグルトドリンクがすきなわたしはカレー屋さんに行くとラッシーを頼む。が、ラッシーを頼んだらピンク色の飲み物が運ばれてきてびっくり。

思わず「いちごみるく…??」とつぶやくと、「ちがうヨ!ローズだよ!」と声をかけられる。

薔薇味のラッシーなんてこれまたはじめてだ。

 決してにおいがキツいわけではなくて、薔薇がほのかーに香る感じ。

甘くてさわやかでお口直しにもちょうどよかった。 

まとめ

リピーターが多いのか、お店の人と顔なじみっぽくお話されている方がたくさんでした。けれども、いちげんさんなわたしにも優しく丁寧に対応してくれた好感のもてるお店です。(炊飯器の開け方がわからず困っていると笑顔で助けてくれたり、スプーンのほうが食べやすいよと教えてくれたり)

 

今回はたまたまランチバイキングだったけれど、通常のランチも800円程度からとすごくリーズナブルなので、ぜひ再訪したいお店です。

今まで行ったカレー屋さんの中でいちばんのお気に入りになりました◎

関連ランキング:インド料理 | 小針駅寺尾駅

 

 

コンバインドカフェ五徳屋十兵衛(ごとくやじゅうべえ)さんの窯焼きホットケーキ。

ひとりカフェしやすい 新潟カフェ 新潟カフェ-中央区

本町に新しくできたカフェ。

f:id:pacachan:20170220224533j:image

新潟市中央区本町12番町に新しくできた「コンバインドカフェ五徳屋十兵衛」さんに行ってきました。なぜこのお店の存在を知ったのかというと、twitterの「あなたへのおすすめ」欄にこちらのお店のアカウントが表示されたからです。

この機能、「余計なお世話感」がすごくてあんまりすきじゃないのだけど、今回はよい縁を運んでくれたと感謝しています。

 

 

こんなお店できたんだ~、最近しもまちのほうはいろんなお店ができてるなぁ」と思いつつ、ツイートを眺めていると。

なんと。フォロワー限定で窯焼きホットケーキにホットコーヒーサービス!というツイートを発見!(現在は終了しているかも)

すかさずフォロー&これは行くしかない。 

おしゃれとレトロのはざま。

f:id:pacachan:20170220224511j:image

店内を外からのぞいてみると、お客さんでいっぱい。

カウンターまでもいっぱいで、お店の方とお知り合い?のような方たちが談笑している。

うーん、これは初めてのわたしには入りにくいなぁ……。

いや、ここまできたからには勇気を出して入ろう。

心を無にして入ってみると、やさしそうなお姉さんが「すぐ席を片付けますね」と言ってくれて一安心。

 

 

待っている間、店内をきょろきょろしていると、自然食品なんかが置いてある。

糖質オフメニューもあるみたいで健康を気遣ったカフェなことがわかりました。

 

 

いいね、いいね。

店内は薄暗くて、上を見上げれば焦げ茶色の木がむき出しになっていて、古民家ような空間。おしゃれだけど、なんだか純喫茶のような落ち着き感もあってとてもすきな雰囲気でした。

窯焼きホットケーキ。

f:id:pacachan:20170220224614j:image

 さてさて、ツイッターで見た、「窯焼きホットケーキ」を頼みます。

「ツイッターでフォローしています!」と勇気を出して申告すると、「コーヒーサービスですね」と言われ一安心。

やった、わたしはやったぞーーー!!

クーポンとかを意気揚々と出して「あ、これ使えないんですよ…」って言われた時の恥ずかしさと申し訳なさそうな店員さんに逆に気まずい空気感が苦手です。

が、今日は大丈夫でした◎

ブレンドコーヒーは400円するのに、ホットケーキ代の500円だけでいいなんて、なんて太っ腹なのでしょう。

 

 

こちらのホットケーキ。

素敵なビジュアルで、なおかつひとつがこじんまりとしているので、余裕で食べられるサイズ感。

味は、うーん、甘すぎず濃すぎずあっさりした感じ。

ふわふわがすきな方はすきだろうな。

わたしはしっとりとしたものがすきなので、溶けたバニラアイスをのせて食べました。冷たくてしっとりしておいしかったです!

バニラアイスがのってくるのは、とてもよい◎

f:id:pacachan:20170220224913j:image

 コーヒーはなんだか上の方が泡立っていて、飲んでみると酸味が強いタイプでした。あっさりしていて結構すき。

おひとりさまの憩いの場。

f:id:pacachan:20170220225509j:image

食べながら周りを見渡してみたら、おひとりさまがたくさんでした。
隣にはOLさんらしき方がランチを食べている。
反対隣はおばあちゃんがうどんをすすっている。
カウンターにもお姉さんが1人ずつとおじいちゃんも座っている。
外から見たらみんな知り合いっぽく見えたけれど違うみたい。

色んな年齢層の方々がひとりでゆっくりしているカフェって貴重だから素敵だな。

 

 

12時過ぎに行ったのもあり、混雑していて店員さんも忙しそうだったので、なかなか探検できなかったのだけど、二階はアンティーク着物が飾られているとか。

お会計の時にマスターに「あ、ツイッター組みだ」と微笑まれ、とてもほっこりな気持ちでお店をあとにすることができました。

ホットケーキはわりとすぐ来たけれど、食事の方は提供時間が結構かかっていたみたいなので、時間のある時の訪問がよさそうです。 

f:id:pacachan:20170221104524j:image

モーニングもあるみたい。

 

www.gotokuya.com

twitter.com

スターバックス新潟女池店の窓際ひとりソファー席。

ひとりカフェしやすい チェーン店

新潟市の新たなスターバックス。

f:id:pacachan:20170215114845j:image

新しくできたスターバックス新潟女池店に行ってみました。

場所は、カブトのパンや、雑貨店アンジュール、原信のあたり。

フォロワさんがいうには、とても落ち着くらしい。

あんまりスタバには行かないのだけど、さくらシリーズは毎年きになる。

桃フラペ、ジンジャーブレッドラテ、さくらラテはpacaのすきな三大スタバ季節ドリンクです。

 

 

そして、スタバは人がいすぎる&おしゃれすぎてそわそわしてしまうわたしが、

落ち着くスタバなんてあるのか?という

疑問を払拭しにいってみます。

ちなみに、駐車場は広々していて、

駐車が大の苦手なわたしでも停めやすかったです◎

f:id:pacachan:20170215114929j:image

入り口はここで合ってるのかな……?

不安を抱えながらも黒い扉を開けて、店内へ。

たくさん人がいたのであまり写真は撮れなかった…どころか、

キョロキョロ見渡すことすらできなかったのだけれど、

黒を基調としたシックな店内に、

上を見上げれば木のぬくもりがあっていい感じ。

あ!窓際の席がひとつあいてる。

ササササササササ。 

窓際ひとりがけソファー席。

f:id:pacachan:20170215114851j:image

女池店で一番のお気に入りポイントは、

なんといっても窓際のソファー席。

足元には、ちょこっと緑もみえて、理想の窓際席。

窓際×緑=最高なのです。

 ソファも座り心地がよくてゆったりできる。

 

 

ちらりと隣をみると、

窓際の横一列、おひとりさまでした。

ひとりがけソファー席なのであたりまえといえばあたりまえなのですが、

なんだか嬉しい光景。

さくらさくらさくら。

 さくらブロッサムクリームラテは飲む!

決めていったのだけれど、またしてもショーケースで悩む。

スコーンもいいし、ワッフルもいいし…うーんうーん…

 

 

店員さんがやさしくて、

迷っちゃいますよね…ゆっくり決めてくださいね」と言ってくれてホッとした。

しばらく頭をぐるぐるさせたのち、

迷った時は、季節限定もの!

と神の声が聞こえたため、さくらシフォンケーキを頼みました。

f:id:pacachan:20170215133411j:image

実をいうと、そこまでシフォンケーキってすきじゃないのだけど…

(どちらかというと、しっとりパウンドケーキ派)

見た目と季節限定に惹かれて。

f:id:pacachan:20170215115725j:image

今年のさくらブロッサムクリームラテは、

ひなあられがのっているとかいないとかの噂通り、

ピンクの丸いつぶつぶがのっていました。

あまあまで、ミルクははちみつ風味でおいしいです。

ただ、ずっと飲むと飽きるのでショートサイズで十分満たされました。

 

 

しかし!

なんと、さくらラテを飲んでいるわたしの元に、

店員さんがさくらラテの試飲と季節の珈琲の試飲、

試食のチョコレートケーキをくれました。

こんなにいただいてよいのかしら?

今日がさくらシリーズ解禁日だったからかな。

うれしいな。

気分も春めいてくる。

おなかたぽたぽ&ちょっと胃がもたれましたが、しあわせです。 

結論:落ち着くスタバは存在した。

ちなみに、平日の午前中にいきましたが、

どんどんどんどんお客さんが入ってきていました。

賑わってはいるけれど、ひとりで利用している方がたくさんなので、

ちっとも焦る雰囲気はない。

これは噂通り、ゆったり過ごせそうでとてもよいスターバックスです◎

 

 

帰り際ちらりと店内を見渡すと、

コンセント付きの…

あの席はなんていうのだろう?

みんな向かい合って図書館で勉強風」の机があり、都会の風すら感じた。

今まで行った中で一番落ち着くスターバックスでした。

ミチココさんのホットサンドとキャロットケーキといちじくレモン。

新潟カフェ 新潟カフェ-西区 ひとりカフェしやすい

癒しのミチココさんへ。

 新潟市西区寺尾東にあるミチココさんへ行きました。

民家を改装したお店で、とても落ち着く、だいすきなカフェです。

f:id:pacachan:20170204151314j:image

 土曜日の13時過ぎに来店。

店内にはたくさんお客さんがいましたが、奥の座敷の席はあいています。

よかった。

ここが、落ち着くんだよね。

 

 

しょっぱいものも食べたいし、甘いものも食べたい。

今日のホットサンドがとってもおいしそうなので、

ホットサンドとケーキとドリンクも頼んじゃう。

なんと欲張り。 

冬野菜サンド。

 今日のホットサンドメニューから「冬野菜サンド」をチョイス。

f:id:pacachan:20170204151241j:image

 シンプルながら、トーストがサクッとして、

中の野菜たちも、トマトベースの酸味と芋の甘みが相まっておいしかった。

具沢山のホットサンドを頬張る幸せ、プライスレス。

キャロットケーキ。

f:id:pacachan:20170204151300j:image

 ケーキはショーケースの中から、「キャロットケーキ」を注文。

以前からすきなメニューのひとつ。

インスタグラムのフォロワーさんから教えてもらってから、図書館時代に何度か食べたけれど、移転してからははじめて食べる。

 

 

あいかわらず、美味。

シナモンがきいてる。

上の白いクリームが、チーズっぽい?

甘すぎなくて、さっぱりしていていい感じなのです。

 ホットいちじくレモン。

 そして、去年の12月にはじめて飲んで、これまたとても気に入ったホットいちじくレモンも頼みました。

(下の画像は12月に飲んだ時のもの)

f:id:pacachan:20170204151401j:image

 はぁ。

しみる。

自家製いちじくシロップとのことだけど、いちじくの果肉もごろりと入っていて、いちじく大好き人間にはたまらない飲みものだ。

この飲みものは、ミチココさんでしかお目にかかれたことがない。

やっぱり、ここでしか飲めないものを頼みたくなる。

 

 

本当の本当は、

ミネストローネスープが飲みたかったのだけど、残念ながら売り切れだった。

お昼には売り切れちゃうのかな。

前までなら、「スープ、飲めなかった、残念!!」という、負の気持ちが 勝っていただろうけど、とある人の「全てはベストタイミング」という言葉が浮かんで、「今日はまたいちじくレモンを楽しめる日なんだ」と思えるようになった。

次回きたときには、スープが飲めるといいな。

 

気をぬくと足が伸びちゃう。

お客さんが少しずつ帰って行って、静かな時間を迎えた14時ごろからは、足を崩して、置いてあった「暮らしの手帖」を読んで過ごした。

家みたいな空間なので、気がつくと敷いてあった座布団2枚分足を伸ばして本を読んでいた。あぶないあぶない。

けれど、そんな雰囲気がとてもすきです。

 

 

今日は、新潟の2月らしからぬいい天気。

やっと最近春の近づきを感じてきたのか、少しずつ外に出る気力も湧いてきた。

冬が苦手でひきこもり気味のわたしにとって、

ミチココさんは家以上おしゃカフェ未満の、

リハビリにちょうどよい、あたたかなカフェなのです。

またお邪魔します。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎過去記事◎

pacachan.hatenablog.com

 

ココペリさんの野菜もりもりランチ。

ランチ 新潟カフェ 新潟カフェ-西区

新潟市西区、西内野にある素敵なお店。

f:id:pacachan:20170130144637j:image

西内野(住所は新潟市西区五十嵐中島)にある「ココペリ」さんへ、ランチをしに行ってきました。

白くておしゃれな外壁に、なんだか陽気そうな黒いマーク、入口は青色のドアが白地によく映えていて、とても素敵。

新潟西高校の近くにあるこのお店だけど、うっかりしたら車で通りすぎちゃうかもしれないくらいさりげなくある。

駐車場はお店の前に数台あり。

open時間の11:30にどんどん車が入ってきて焦った。

隠れた名店感があってわくわくです。

おしゃれなのに落ち着く空間。

f:id:pacachan:20170130144645j:image 青いドアを開けると、カランコロンとベルが鳴る。

お店の方が、「小上がりか、テーブル席どちらがよろしいですか?」と尋ねるので、小上がりを選択。掘りごたつになっていてうれしい。

 

内装も木目がよい感じで、薪ストーブもあったりしてとってもおしゃれ。

なのに、気取った感じもなく、座ると落ち着く空間だった。

お手頃なのに野菜たっぷり。

f:id:pacachan:20170130144710j:image

 ランチメニューをみる。

どれも1000円ほどで、とってもリーズナブル!!

本日のカレーは牛すじカレーと書いてあって、カレーランチも気になるし、ハンバーグランチもおいしそう…。

けれど、今日はせいろ蒸しランチに決定。

理由は、お店の人気メニューだという事前情報と、身体が野菜を欲しているから。

ご飯は白米か雑穀米を選ぶことができて、雑穀米に。

ドリンクはさっぱりとグレープフルーツジュースでオーダーしました。

f:id:pacachan:20170130174231j:image

わぁ!きれい!!!

f:id:pacachan:20170130144659j:image

ぐぐぐっと近寄ってみる。

なんとも美しい。

何種類入っているんだろう?ってくらい、野菜がたっぷり。

そして野菜のほかにも、肉団子とか白身のお魚、きのこもしめじにしいたけ、あとえのきっぽいものも入っていたような。とにかく盛りだくさん。

 

これを、みそだれポン酢をつけていただくスタイル。

普段はなかなか野菜をたくさん買えないから、

こういうお店で摂取できるのは本当にありがたい。

中には名前もわからないような野菜もあって、「これ、なんだろう…?」とドキドキしながら口に運ぶのもたのしかったです。

個人的には上にちょこんとのっていた、ミニチュアキャベツみたいな野菜が気になった。

 

 

 

そしてそして。

野菜たちが、ちっとも苦くなくて甘くて。

かぼちゃや里芋やサツマイモが甘いのはなんとなくわかるんだけど、どの野菜もあまくておいしかった。

野菜本来のおいしさを感じられて、身体にいいことしてるなぁ~という感じ。

西内野(にしうちの)ってあんまり来ないところだけど、こんなところに(失礼)、こんな素敵なお店があったなんて知らなかったなぁ。

 

 

最近はまた、無気力やら焦燥感やらで苦しい毎日だけど、今日はおいしくて居心地のよい、ランチを食べられるお店を開拓できてうれしい日でした。

このお店の陽気そうなマークと、ココペリの意味は、しあわせを呼ぶとされる笛を吹いているインディアンの精霊らしい(うろ覚え)

ココペリさん、しあわせをありがとう。