まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。窓際の席から緑を眺めて気力を維持しています。ひとりの時間がすきなにいがた人。

スタバのドリンクチケットをはじめていただいたので、生きま~す!

 

昨日、こんなツイートをしたら、今朝、フォロワーさんがスタバのドリンクチケットをDMで送ってくれた(●ˆᴗˆ●)(!!!!)

 

f:id:pacachan:20160325122625j:plain

 

 「いばや通信」というブログで、自分をオープンにしている限り人は死なないのではないか、という仮説をみたけれど、いまいちピンとこないというか、坂爪さんだから人は救ってくれるし、救われるのは、特別価値のある人間だから、と思っていた。(というかそう思わないとわたしの自尊心がもたなかった)

 

 

 

今日も今日とて、絶望の朝を向かえて、いつものようにTwitterアプリを開くと。

奇跡のDMが!

わたし。

嬉しくてうれしくて。

 

 

 

いきなり生きよう!モードに切り替わり、

急に窓から頭を突き出して日差しを浴びた(笑)

 

 

 

このほっこりした気持ちをどう表現したらいいのかわからない。

とにかく、ほっこり。

同時に救われた感が半端ない。

生きていていいよ、という安心感があふれ出てきた。

ドリンクチケットで生きる気力がわくのなら、人生余裕じゃないか?とまで

思った。(実際は翌日気分が乱高下する)

 

 

 

わたしの最近の目標の一つに、カフェブログを書いてカフェ代を稼ぎ、そのカフェ代をカフェに貢ぐ、というものがある。(カフェカフェうるさくてすみません。)

 

 

 

人から何かしてもらう、ということは悪!自分で自分のことができないとクズ!みたいな感じがして、いつも何もできない自分を責めて病んでいたけれど。

今世は(いろんな意味で)あきらめようと思う。

 

 

 

足を運ぶさきほとんどで、なじめない感がある。

社会に適合できる気がしない。

社会に適合したいとも思えないことに焦る。

 

 

 

 

発達障害だと思うんだけど、発達障害だとも診断されないし思われない。

けど、誰も思ってくれなくてもそう思い込んで、できること、やりたいと思えることだけをして生きていこう。

 

 

 

チケットをくれた方に恩返しがしたい、というか、しなきゃ!みたいな感じもしたんだけど、循環させていくことも大事だなと思って、ブログを書きました(●ˆᴗˆ●)

 

 

 

メールをくれた方は、誰かにほっこりしてもらって、そこから幸せのおすそ分けをいただくのが楽しみ、とおっしゃっていて、なんだそれはぁぁぁ!素敵すぎるでしょぉぉぉ!わたしもなりたい!!と思ったよ。

 

f:id:pacachan:20160325144745j:plain

 時給740円、4時間、週3日のバイトに応募したら、すでに11人応募がきているこを知り、絶望していましたが、さっそくスタバに行き、このブログを書きつつ、いただいたチケットで「ソイカフェモカwithソイホイップクリーム」を飲んでいます。

しあわせです。生きている感じがします(●ˆᴗˆ●)

 

 

 

やっぱり飲み物だけじゃ満足できないマンなので、NYチーズケーキも頼んじゃう。

というか、ショーケースにおやつ並べられたらたいてい買っちゃう。

 

 

f:id:pacachan:20160325145425j:plain

スタバのチーズケーキ食べるのはじめてかも!

中が思いのほかクリーミーでおいしいっ!

チーズケーキの角っこの部分がたまらなくすきなんです。

 

f:id:pacachan:20160325144820j:plain

レジのお姉さんにもらったこれ、用途がわからなくて、放置してゴクゴク飲んでいたけれど、写真撮影用フレームだったらしい。残りわずかな飲み物と食べかけのチーズケーキとともに手をのばして撮影。手が震える~ ぐぐぐ

 

 

 

 

今。

左側には外国のビジネスマン風がグランデ?サイズの

なんかとてつもなく大きな入れ物の珈琲片手にパソコンカタカタしているし。

右隣の見知らぬおじいちゃんには「パソコンできていいねぇ~」っていわれるし。

スタバならではの感じの、色々な人種がいるのがおもしろい。

 

 

 

おじいちゃん、このスタバの常連らしい。

長生きはしたくないけれど、ベレー帽かぶってカフェに通うおじいちゃんみたいになりたいなぁ。

 

 

 

 

 

ぺんぺんさん、おかげで楽しいカフェタイムが過ごせました。

今日のわたしを生かしてくれて、外に連れ出してくれて、

本当にありがとうございます~!!わたしはいまとても楽しいです!

(ぺんぎんを名乗るひとに悪い人はいない説)