まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。にいがたに住んでいます。窓際の席から緑を眺めて気力を維持。

お盆やすみに行くところがないから思いつく限りのことをしてみたけれど、鬱。

みなさん、暑中お見舞い申し上げます。

とうとう耐えられなくなって、ブログを書き始めました。

以下、なんの役にも立たないだらだらとした日記なので、ひまな人と目が疲れていない人だけ読んでください。ブログで日記を書いて読まれるのは、芸能人だけ!とか、読者に役立つ記事を!とか言われますが、そんな毎回役に立つ記事なんて書けませんし、そもそも全てのことに価値がないとだめなのでしょうか…?なんて、わかっています、屁理屈です。

以前フォロワーさんが言っていてツボった、「なんでもかんでも価値価値うるさいんだよ、カチカチ山かよ?」という言葉が忘れられません。

まぁ、そんなことを言っても時間は過ぎないので、有意義にこのひまな時間を過ごすため、対策案を考えていきたいと思います。

 f:id:pacachan:20170814110102j:image

ひまつぶし対策案①働く。

ひまなら、短期バイトでもして気を紛らわそうかな~、お金も入るし一石二鳥!と思って求人を見ていたのですが、高単価で楽そうな求人につられて登録し、迷惑メールばかり来るはめになる、いつものループにはまっています。ミステリーショッパーとかやってみたいんですけど、登録して仕事がきた試しがないです。やっぱり、時給で働くのが一番いいんですかね。そうそう、20代前半の頃は、もっと単発バイトもあったけれど、最近はすくないですね。地域性もあるのでしょうが、たいてい家電量販店の携帯販売の仕事とか、大型スーパーの試食とか、めちゃくちゃ声が大きくて、コミュ力高くないと厳しい感じがして、怖気づいてしまいます。

 

ひまつぶし対策案②クラウドワークスの仕事を受注する。

クラウドワークスに登録して、たまーにアンケートとか簡単なタスク作業をしているのですけど、なんかないかなぁ?と思って仕事を探しました。

そこで、ひたすらエクセルシートにURLを打ち込む作業を200件くらいしたんですけど、100円が支払われて、なんかむなしくなりましたね。

めちゃくちゃ目が疲れたのにね…

ジュース代に消えちゃいますね。

ボランティアだと思えばいいのでしょうか…

まぁ、ひまはつぶれますが、気分転換にはならない。きっと頭ばかり使ってもだめで、身体も動かさないとストレスなのでしょう。

ひまつぶし対策案③公園を散歩する。

散歩がすきです。

まぁ、お金にはならないのですが、運動ができて、緑に癒されてリフレッシュ!という意味ではかなりいい過ごし方だと思うのです。鬱の時、散歩と緑に何度救われたことか…

が、しかし、近隣に井の頭公園的なスポットがね、ないんですよね。この前行った上堰潟公園、あそこはよかった。一周回ればかなりいい運動になるし、緑もたくさん。

しかし残念ながらちょっと遠い…

あと思いつくのは、スポーツ公園でしょうか?あそこもよいところなのですが、なんか落ち着かないんですよね。場所的に中心地だからでしょうかね?ファミリーに心が折れる感じ。海を眺めるのもいいのですが、この時期だと…まぁ…察してください。

しいていうなら少し気になるところは、瓢湖かな。有名だけど行ったことがなくて。

あと、このお盆はね、雨が多くてね、ほんと行き場に困りますね。 

おすすめのお散歩コースがあったらぜひ、教えてください。

 ひまつぶし対策案④ネットカフェにこもる。

最終的に行きつくのは、ネットカフェで漫画をひたすら読むという過ごし方ですね。

あそこは、お盆も正月も関係ない安息の地です。

せっかくだからはじめての綺麗そうなところに行ってみようと思って行ったら、店員さんに各ブースやらドリンクバーの位置やらを、付き添い付きでひとつひとつ丁寧に案内してもらって、恐縮でした。ホテルみたいですね。

一番安いオープンシートで「思い、思われ、ふり、ふられ」「アナグラアメリ」と「カカフカカ」の最新巻を読みました。ただ、ソフトクリームがまずすぎたのが非常に残念。カラオケとかネカフェにある、ソフトクリーム食べ放題の機械のソフトクリームってなんであんなにおいしくないんでしょうか?贅沢かな。

けれど、3時間くらい時間をつぶせて、妄想しつつ現実逃避できたのでよしとします。冷房もきいているしね。

そういえば、今まで気にも留めなかったけれど、雑誌コーナーに別冊フレンドとか、別冊マーガレットとかも置いてあるんですね。ってことは、あそこで気になる漫画の続きを読めば、単行本をレンタルしなくてもよいのでは!?

いろいろやったけれど、現実は何も変わっていない。

本「嫌われる勇気」に書いてあったけれど、わたしは、変わらないという選択をしているんですね。ひまだけど、大変そうなバイトはしたくない。ひまだけど、遠くにいくのはめんどくさい。ひまだけど…って言い訳ばかりして現実は何も変わっていないんです。変わることは勇気のいることだからね。

なんていったって、いくら自分のすきなところに行っても、人ごみの中にひとりだとさみしい。これに限る。

もっと孤独に強くなりたいなー。

そうこうしているうちに休みが終わりそうです。

ただ一つ、成長したことがあるとすれば、休み明けに「どこか行ったの~?」ときいてくる余計なお世話おばさんに、「ゆっくり過ごしていました~」と流れるように返せる自信ができたところ。