まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。窓際の席から緑を眺めて気力を維持しています。ひとりの時間がすきなにいがた人。

【新潟ぱん】「6/7(ロクガツナノカ)」さんのパン。

新しくできた小さなパン屋さん。

急に寒くなり、また無気力気味なので、文京町に新しくオープンした、6/7 (ロクガツナノカ)さんのパンを買ってやる気を出すことにした。

前はムッタースというパン屋さんだったところ。

 

f:id:pacachan:20161028200015j:image

なんともスタイリッシュな看板。

中をそぉっとのぞいてみると、白とグレーのシンプルな内装の中に、ぽつぽつとパンたちが並んでいる。

 

 

お惣菜系や生クリームたっぷりのパンは一つもなく、丸くてシンプルなパンと、ベーグル、食パンなどなど、ハード系なお食事パンばかり。固いパンがすきなひとはきっとすきなはず。わたしもすきです。

 

 

けれど、フォロワさんがのせていたスコーンらしきものが見当たらなくてざんねんだった。あの、上と下をパッカーンできるタイプのスコーン、食べたかったな。

 

買ったパンたち。

 名前は忘れてしまったけれど、わたしはケンタッキーのビスケットみたいな見た目のパンと、小さな丸いパンと、ベーグルを買ってみました。

 

f:id:pacachan:20161028200120j:image

 

 

f:id:pacachan:20161028201055j:image

 

f:id:pacachan:20161028200806j:image

ベーグルはプレーン、ベリー、オリーブとチーズの3種類があって、その中からオリーブ&チーズ味を。

 

 

どれも派手な見た目じゃないけれど、こむぎのおいしさを感じられるパンなんだろうなぁ…とほくほくな気持ちで受け取る。

袋もただの真っ白い紙袋で、なんていうのかな、「パンを抱えて持ち帰る感」がすごい。よくわからないけど外国っぽい。雨が降ってきたのでバンが濡れないようぎゅっと抱きしめた。大事、パンだいじ。

 

まとめ。

ハード系のパンは高級なイメージだけど、小さなパンをチョイスしたためか、3つで450円で意外とお手頃◎

 

もちろんそのまま噛み締めて味わってもいいけれど、食事と一緒に楽しむともっとおいしいのかも。(”カレーなどと合います”みたいに、食べ方のおすすめが書いてあった)

 

 

といってもわたしは、そのままかじる。すぐに食べたい。食欲をがまんはできない性分。ああ、でも、クリームチーズとか塗ってもおいしかったかもなぁ。

 

一番のヒットは、オリーブ&チーズのベーグル。

ベーグルはさすがに固いから、ちょっと湿らせてレンジであたためてから食べたのだけど、これがすんごくおいしかった。スライスされたオリーブと、小さくてクリーミーなチーズがぽそぽそっと入っていて、もちもち生地の食感に塩気がたまらんベーグルだった。

 

 

 

そして、お店のひとも、雑誌「リンネル」とかに載っていそうなナチュラルな感じの柔和な笑顔のお姉さんでステキ。

 

 

 

今日は雨まじりの風が強い新潟らしい天気。

ああ、またにいがたの冬がはじまる…。

一段と鬱々するから苦手な冬。

けれど、おいしいものを食べてなんとかこの冬も生き延びたい。

6/7(ロクガツナノカ)さんには、また、スコーンを求めに行こう、そうしよう。

www.instagram.com