まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。にいがたに住んでいます。窓際の席から緑を眺めて気力を維持。

【内野駅近く】喫茶琥珀(こはく)さんのケーキセット。

カポネさんでピザトーストを食べたあと、内野を散策していたら

見つけたお店が、こちらの琥珀(こはく)さん。

 

f:id:pacachan:20160627111206j:plain  

 

やっているのかやっていないのかもわからない外観。

けれど、玄関に張り出されている6月の休業日にはのっていない。

 

 

 

 

外の窓から、中の様子をのぞこうとするけれど、全く見えない。

お店の周りから必死にのぞき込もうとする私は、

とても怪しい人物だったに違いありません。

まぁ、はっきり言って、初めてでは入りにくすぎるお店です。

けれど、なんだか運命を感じて扉を開けることにしました。

 

 

 

勇気をを出して入ってみたものの、誰もいません。

チクタクチクタク。

わたしはどこかに迷い込んでしまったのでしょうか。

それとも、タイムスリップをしたのでしょうか。

時計の音だけが響く、不思議な時間。

しばらくすると、「は~い」と言ってママさん?が出てきてくれて

現実に戻ってきました。

どうやら、誰もいないときは

カウンターに置いてあるベルを鳴らして呼ぶらしい。

自由です。ゆるいです。素敵です。

 

 

家みたいに落ち着くお店

 

ママさんは、50代くらいのやさしいメガネの方。

なんていうか、ステラおばさんのイメージ。

  f:id:pacachan:20160627111117j:plain

 

 

さきほど、入りにくすぎると記述しましたが、

入ってみると意外と落ち着きます。

今日が曇りだからなのか、ほどよく薄暗い店内。

クラシックが流れている。

 

 

 

 

(もちろん)お客さんは私だけ。

窓際のソファー席に居場所を確保し、

メニューをみます。

  f:id:pacachan:20160627111129j:plain

 

 

f:id:pacachan:20160627111223j:plain  

 

 

いちごのケーキ

 

  f:id:pacachan:20160627111136j:plain

 

 

「きれいな三角のショートケーキが食べたい。」

と思っていたら、いちごのケーキセットの写真メニューが

目に飛び込んできた。

だから、何かを運命を感じたのか。

このお店がわたしを呼んでくれたということにしましょう。

飲み物は、ホットレモンティーで。

 

f:id:pacachan:20160627111216j:plain  

 

大きめな三角のケーキがきました。

素朴な味わいのケーキです。

おしゃれパティスリーでは、味わうことのできないケーキ。

伝わるでしょうか?

甘酸っぱくておいしい。

クリームもおいしいです。

なんだか、懐かしい味がします。

 

 

 

かっこいいお客さん

 

 

しばらくすると、一人の女性が入ってきた。

ひとりですけど、いいですか?」と堂々とはっきりと尋ねている。

そして、席に着くなり、

アイスコーヒーで」と注文。

 

 

 

メニューを全く見ていない。

よほどアイスコーヒーが飲みたかったのだろうか。

それとも、どのお店でもアイスコーヒーと決めているのだろうか。

どちらにしても、その潔さがかっこいい。

わたしもやってみたい。

 

 

 

年齢は40代くらいだろうか。

きりりとした白シャツに、ストレートの黒パンツ。

頭の上にサングラスをのせている。

なんだろう、このオーラは。

このお店の雰囲気に似合いすぎて、

嗚呼、わたしはやっぱり昭和の喫茶店に迷い込んだんだ」と思った。

 

 

 

しばらくこの空気感を楽しんでいると

いつの間にかカウンターに座っているはずのママが、

おじさんになっていた。

ご夫婦かな。

レジでお会計を済ませて、お店を出る。

おじさんも穏やかで、とても感じのいい方だった。

 

 

 

特別おしゃれでもないし、純喫茶までのゴージャス感もない。

けれど、1980年代?ぽいこの独特の空気感、癖になりそう。

 

f:id:pacachan:20160627111154j:plain

  f:id:pacachan:20160627111147j:plain

 

 

おいしいケーキと落ち着く時間をありがとうございました(●ˆᴗˆ●)