読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどぎわメモリー

カフェポエマーぱりんこのブログです。窓際の席から緑を眺めて気力を維持しています。

カフェに貢ぐために日記も書いていいでsky?

f:id:pacachan:20160629095216j:plain

こんにちは。

低気圧に苦しむ、pacaちゃんです。

 

 

カフェがだいすきなのはもちろんだけど、ブログに書く内容が制限されてしまうことに

なんだかむずむずしてきた、今日この頃。

 

 

 

 

統一性のないブログは、誰もきてくれない!という言葉をみまして、

カフェブログに専念しようと思ったのですが、

どうやらわたしはさみしがりやさんなので、

鬱鬱と文章を書き綴りたいようなのです。

 

 

 

 

それから、直接会話の中で口から言葉で伝えるよりも、

文章の方が何十倍も、自分の考えていることを伝えられる気がして。

すっきりもするんです。

 

 

 

 

誰かとしゃべったあとは、「ああ、もっとこういえばよかった」と

後悔することがほとんどで、楽しかったけれどももやもやすること、山のごとし。

 

 

 

 

自分で「コミュ障」だと名乗り、先手を打つ。

「そういう人間だから仕方がない」と相手のハードルを最初から

低めに設定し自分を守るシステム、いい加減卒業したいのですが、

慣れていない人の前だと(特に仕事関係) 緊張して、言葉が出てこなくて、

息が詰まったような感じがして、「あ・・・・ア・・・・」と、

カオナシになるにもほどがあります。

のどもカピカピになります。

 

 

 

 

 

かといって、慣れている人の前では、

べらべらと、自分の話を一方的に、そして一文がとても長く、

話してしまうところがあり、これもまたあとで

「余計なことを言ってしまった・・・」と

悔やんでも悔やみきれないほど自己嫌悪に陥るのです。

 

 

 

 

 

自分の言いたい事を、一気に話さないと!という気持ちが

先行して、先走ってしまうようです。

 

 

 

 

はて。

わたしは一体なにが言いたいのでしょうか?

自分でもわかりません。

 

 

 

 

「今日って外暑かった?」と聞かれても

わからなくなってしまいました。

 

 

 

暑いような気もするし、

寒いような気もします。

 

 

 

 

今、このとりとめもないわたくしの文章をここまで読んでくれた

あなたは、やさしいひとです。

そのままで十分価値があります。

どうかそのまま、生きてください。(?)

ありがとうございます。

 

 

すっきりん。

カフェマスター兼メンヘラポエマーpacaちゃんより。